快適で安全なカーライフ|赤ちゃんの肌はとても弱い|肌を乾燥から守ろう

赤ちゃんの肌はとても弱い|肌を乾燥から守ろう

快適で安全なカーライフ

ベイビー

子供を守るために

自動車には、運転する人や同乗する人の体をシートに固定するためのシートベルトがついています。ところが自動車のシートやシートベルトは、身長140センチ以上の大人の体を固定することを想定して作られています。つまり身長140センチ以下の子供の体は、しっかりとは固定されないということです。そのため日本では、子供を乗せる自動車にはチャイルドシートを設置することが義務づけられています。チャイルドシートとは、文字通り子供の体の大きさに合わせて作られたシートです。本来のシートの上に載せ、シートベルトで固定することで、設置できます。そしてチャイルドシート自体にもシートベルトがついているので、それで子供の体を固定することができるのです。

好みや体に合うものを

チャイルドシートは、ベビー用品店やカー用品店で販売されています。様々な種類のものがあり、それぞれデザインや色合い、シートの柔らかさが異なっているので、好みに合わせて選択できます。また、子供の体の状態や大きさに合わせて選択することも大事となっています。というのも、赤ちゃんの場合、生後半年頃までは首や腰が据わっていないので、チャイルドシートにうまく体を固定させることができないからです。そのため、ベッドのように寝かせることのできるチャイルドシートを使う必要があります。また、ある程度体が大きくなったジュニア用のものもあります。このように、子供の好みや体に合うものを設置することで、子供のカーライフがより快適で安全なものとなるのです。